アルファベットの筆記体


今年、日本上陸50周年の「トムとジェリー」の中で、古い作品のトムもジェリーも時々手紙を書きます。
インクとつけペンを使ってきれいな筆記体の手紙です。

しかし、今のアメリカでは筆記体はあまり使われていません。
小学生の間に筆記体を習う機会はあるようですが、パソコンの普及で手書きの機会が減り、
素早くたくさんの字を書く目的の筆記体は出番が激減しました。

ほとんどの人がブロック体で字を書くようになったのですが、
最近はキーボードのタイピングが多くなり、字が汚い学生が増えているそうです。

筆記体は日本でも英語の授業で必修でしたが、それもゆとり教育が導入されるまでの話で、
世代でいうと平成生まれの人は筆記体を学校では習っていません。

私は昭和生まれなので、授業も筆記体だったし英語のつづりはすべて筆記体でやっていました。
筆記体は見た目もかっこいいし、早く書くのにもってこいなんですけどね。もったいない話です。

実際、アメリカで小学生に筆記体を教えたところ、書くスピードが倍の速さになったそうですから。
筆記体がすたれた理由に「読み間違い」もあるそうです。

クセが出やすい筆記体は、慣れていないと解読に時間がかかるからだそうですよ。










オークション 自動入札