【今すぐ5万円借りたい】即日融資で今日中に借りる5つの条件!

  • 「今すぐ5万円借りたいけど、借りたことが無いからやり方が分からない…。」
  • 「5万円を即日融資で借りるときの、利息はいくらなの?」
  • 「給料日前でピンチ!一括で返すから今日中に5万円借りたい!」

 

今すぐ5万円借りたい4人のサラリーマン

 

これから5万円の借り入れを検討されている方にとって、色々と分からないことが多いかと思います。

 

今すぐ5万円借りたい時に、知らずに危ないところから借りてしまうと危険です。

 

最近では、正規の貸金業者を装って、言葉巧みに貸し付けを行う業者も増えています。

 

「最初はたったの5万円だったけど、なんだかんだで数十万円の借金に膨れ上がってしまった…」

 

最初は5万円即日融資だったが、その後借金が膨らんだ男性

 

危ない業者と取引をすれば、法外な利息や手数料などで一気に借金が膨れ上がるリスクがあります。

 

しかし、正しい業者のサービスを計画的に利用すれば、法律で守られた状態で借りる事が可能となります。

 

今すぐ5万円借りたいといったニーズにも、早ければ今日中にでも手元にお金を準備することが可能です。

 

5万円即日融資をパソコンで安全に済ませる男性

 

このページでは、あなたが今すぐ5万円借りる際に気を付けるべきことや、知っておくべきことをまとめたページとなります。

 

  • 5万円借りた場合の利息が安い方法
  • 返済の際に手数料などの余計な費用を発生させない方法
  • 5万円即日融資に必要な条件
  • 借入先候補の種類や特徴、メリットデメリット
  • 危ない業者の見分け方

 

このページを読めば、これらの情報を理解して活用できるようになります。

 

今すぐ5万円借りたいあなたも、落ち着いてこのページを読み進めてみて下さい。

 

焦ってしまい、不快な気持ちや損をしてしまうリスクを大幅に下げることが可能です!

 

今すぐ5万円借りたい方のためのアドバイザー

 

考えられうる5万円借りるためのお得な情報、損をしない為の情報を1ページに凝縮しています。

 

以下の目次から、気になる項目をチェックするだけでも、より失敗のリスクを減らして5万円借りる事が可能となるでしょう。

 

 

今すぐ5万円借りたい人におススメのカードローン

 

まずは、安全かつ安心して利用できる大手のカードローン会社を厳選してご紹介します。

 

プロミス

 

プロミスロゴ

プロミス公式HPを確認≫

 

初めて5万円を借りるのであれば、無利息サービスがあるプロミスがお勧めです。

 

こちらはメアドとWEB明細を登録するだけで、初回の方には最大30日間の無利息サービスが適用可能となっています。

 

こちらの無利息サービスが他のサービスと違う魅力的な点としては、初回「借り入れ」の翌日からの適用である点です。

 

契約してすぐに借りなくても、無利息サービスの権利が保留されます。

 

ですので、今すぐ5万円借りたいという方は勿論のこと、そのうち5万円借りたいという方にも無利息サービスが提供されている今のうちに事前に準備しておくと安心なサービスとなっています。

 

上限利息が17%代と大手の中で少し安く設定されている点も選ばれる秘訣となっています。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットロゴ

SMBCモビット公式HPを確認≫

 

無利息サービスこそないものの、誰にもバレない状態で5万円借りるために選ばれている会社がSMBCモビットです。

 

WEB完結申込サービスを利用すれば、郵送物カット、ローンカードなし、会社への在籍確認の電話連絡なし(書類審査)での借り入れが可能となります。

 

アイフル

 

初めての方には、無利息サービスが最大30日間提供されている大手のキャッシング会社です。

 

こちらは契約日翌日からの適用ですので、今すぐ5万円借りたい方に最適なサービスの一つとなっています。

 

 

勤務先への在籍確認が心配な方はこちらも参考にされてみて下さい。


 

今すぐ5万円借りたい人が即日融資できる5つの条件

 

今すぐ5万円借りたい時に、以下の5つの条件が満たされればかなりの高確率で借り入れが可能となります。

 

本人確認書類

 

今すぐ5万円借りたい時に、必ず必要になる書類として「本人確認書類」があげられます。

 

5万円即日融資に必要な身分証明書

 

キャッシングの際に認められる本人確認書類としては以下の通りです。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

 

これらの中で、顔写真がない「健康保険証」については、現在は「追加の書類1点」が求められるようになりました。

 

顔写真が無い健康保険証で5万円借りる為には?

 

健康保険証を提出した際に求められる、追加の書類1点としては「住民票」や「公共料金の領収書」が該当します。

 

以前は、健康保険証のみでキャッシングすることが可能なケースもありました。

 

しかし、本人確認作業を強化することが法律で決められた現在は保険証のみのキャッシングは不可となっています。

 

 

詳しく知りたい方は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯収法)」で調べてみて下さい。

 

テロ対策やマネーロンダリング等の犯罪防止策を強化する法律であり、これによって金融業界の本人確認作業が厳格化されています。


 

また、「マイナンバーカード」に関して勘違いされているケースがありますので注意が必要です。

 

マイナンバーカードは、郵送で送られてきたのち、自身で役所やWEBで申請する必要があります。

 

郵送されてきたカードが手元にある方が多いと思いますが、確かにそのカードには番号が記載されています。

 

しかし、それはマイナンバーカードではなく「通知カード」とよばれるもので、いわばマイナンバーカードを申請する前の予備カードのようなものです。

 

キャッシングに限らず、通知カードを提出しても本人確認書類としての効力は認められませんので注意しましょう。

 

通知カードを本人確認書類として認められたとしても、顔写真がないために追加で書類が求められるような形となるでしょう。

 

免許証が無い、健康保険証が無い、パスポートが無い、こういった方は珍しくありません。

 

その場合でも、マイナンバーカードなら誰でも発行が可能です。

 

交付申請書に顔写真を貼り、返信用封筒で返送すれば発行できます。

 

マイナンバーカードの初回発行には手数料が発生しないため、「無料」での作成が可能となっています。

 

 

消費者金融は提出書類が少ない点も、即日融資に向いているサービスだといえます。

 

銀行カードローンの即日融資が不可となった現在では、今すぐ5万円借りたいというニーズに応えられる正規の業者は基本的に消費者金融のみとなっています。


 

収入証明書

 

可能なら勤務先を証明する書類も準備しておくとベター!

 

基本、5万円のキャッシングに置いて収入証明書の提出を求められることはありません。

 

しかし、信用情報や属性スコアなど審査において返済能力の調査結果に不安がある場合には求められることもあります。

 

5万円即日融資の申し込み審査を行うスタッフ

 

また、以下の場合には消費者金融での借り入れの際に収入証明書が求められます。

 

  • 借入希望額が50万円以上
  • 他者を含めた借入総額が100万円以上

 

このページをご覧の方は、今すぐ5万円借りたい方だと思いますので、該当しないケースが殆どとなります。

 

しかし、場合によっては提出を求められることも珍しくありませんので、可能な限り以下の書類のいずれかを準備しておくと安心です。

 

  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 給与明細(基本的に直近2か月分が求められる)
  • 市民・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)
  • 確定申告書(最新年度のもの)

 

 

審査通過率をアップさせる意味では、借入希望額は少な目に設定して申請することがお勧めです。

 

今すぐ5万円借りたい場合には、一先ず希望額は5万円にして申請したほうが審査通過率はアップするでしょう。


 

審査実施時間

 

今すぐ5万円借りたい方が即日融資を実現するためには、審査「実施」時間を守る必要があります。

 

5万円即日融資の為の審査申込を急ぐ男性

 

大手のキャッシング会社のHPを見ていると、「24時間受付中」といったフレーズが散見されます。

 

これを見るとなんとなく、「24時間365日いつでも借りれるんだなぁ」って想像してしまいがちです。

 

しかし、実際には審査を受けるには「審査実施時間」という枠があり、その枠に間に合わないと即日融資は受けられません。

 

あくまで一例ですが、審査実施時間の申し込み方法別の時間帯をご紹介します。

 

  • WEB申込…9時から21時まで(土日祝営業)
  • TEL申込…平日9時から18時まで
  • 店舗窓口…平日10時から18時まで
  • 自動契約機…9時から22時まで(土日祝営業)

 

WEBで申込をする場合にも、遅くても20時までには申込を済ませないと審査実施時間の中で審査を完了させることが難しくなります。

 

審査を完了させて、自動契約機もしくはWEB上で契約を完了させるという流れになります。

 

契約が完了すれば、22時までに自動契約機でローンカードを発行するか、アプリをダウンロードして振込やコンビニATMを使うか、という方法で借り入れが可能となります。

 

また、公式HP上でよく見かけるフレーズとして「即日審査可能」と「即日融資可能」という似た文言がありますが、これも別ものです。

 

即日での審査が可能であっても、融資となると翌営業日以降といった会社も多く、今すぐ5万円借りたい方が即日融資を希望される場合には「即日融資可能」である会社を選ぶ必要があります。

 

即日融資対応

 

少額融資とはいえ、5万円の即日融資に対応している業者を選ぶ必要があります。

 

5万円即日融資で振り込まれていることを確認するサラリーマン

 

例えば、銀行カードローンを選んだ場合に、2020年代の現在では即日融資が難しくなっているのが現状です。

 

以前は銀行カードローンの利用者が爆発的に増加して、消費者金融よりも上限金利が安く設定されていることもあり、非常に人気が高い商品でした。

 

  • 消費者金融…約18%
  • 銀行カードローン…約15%

 

マイナス金利政策が実施されている現在、銀行にとっても日銀に資金を預けおくだけで利息がマイナスになる状況です。

 

できるだけ外に貸し出して利息を得たい状況の中、高金利で貸し出しが可能なカードローンは収入源として魅力的な金融商品というわけです。

 

しかし、現在は過剰な貸し付けによる自己破産者の増加が問題視され、銀行自体が審査基準を厳格化している状況です。

 

具体的には、非社会的勢力への資金貸し出しを制限するため、審査において警察庁のデータベースを参照することが義務付けられています。

 

警察マーク

 

これによって、参照に最低でも数日の時間が要するため、事実上、即日融資が不可となっています。

 

また、以前は貸付金額300万円以上で収入証明が求められていましたが、現在は50万円以上での提出を求めており、年収を把握することでの過剰貸し付けの予防対策が取り組まれています。

 

貸金業法の規制を受けない銀行においては、総量規制(年収の3分の1までの貸し出し制限)が適用されないことが、過剰貸し付けを招いたという意見もあります。

 

参考:貸金業法(過剰貸し付け等の禁止)

総量規制:第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。

 

 

借入金額が年収の3分の1を超えてしまい、消費者金融から借りれなかった利用者が銀行カードローンを利用するケースが多かったわけです。

 

全国銀行協会が貸付自粛制度を導入してはおりますが、過剰貸し付け問題が沈静化しなければ貸金業者と同じような規制を設けられる日が来るかもしれません。


 

こういった背景から分かる通り、現在では即日融資に対応しているのは基本的に消費者金融のみとなっています。

 

今すぐ5万円借りたい、5万円を即日融資したいという要望を叶えるためには、即日融資対応の消費者金融から業者をピックアップする必要があります。

 

また、WEB完結サービスを提供しているところであれば、申し込みや審査、契約手続きや借り入れといった手続きがよりスピーディーに終わります。

 

在籍確認

 

在籍確認とは、金融業者が申込者が申告した「勤務先」に対して、本当に在籍しているかどうかを確認する作業をいいます。

 

今すぐ5万円借りたい人の勤務先へ在籍確認ができた

 

貸金業者においては、貸金業法の順守が義務付けられています。

 

この貸金業法の中に、申込者の返済能力を調査する義務があり、その調査のために安定した収入があることの裏付けとして在籍確認が必ず実施されます。

 

この確認作業の際に、主に電話を入れることで在籍を確認する方法がとられています。

 

5万円即日融資の際にも、在籍確認が当然実施されます。

 

この在籍確認の電話の際に、あなたが電話に出る、もしくは「●●(あなたの名前)は席を外しております」といった回答が得られなければ、審査を進める事ができません。

 

つまり、即日融資のためには在籍確認をその日のうちにクリアする必要があります。

 

もし今すぐ5万円借りたいという日が勤務先の休業日であった場合など、即日融資のための審査が滞ってしまうこととなります。

 

そのため、申し込みをしたい日がたまたま会社が休みなどによって在籍確認が難しいのであれば、別の書類で代替してくれるなど柔軟に対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

 

これに関しても、消費者金融であれば一定の条件をクリアすれば在籍を証明する書類の提出で認めてくれるサービスがあります。

 

また、コールセンターに事情を説明することで、後日改めて在籍確認をするという条件のもと少額融資を行ってくれる場合もあります。

 

今すぐ5万円借りたい人の勤務先へ在籍確認をする女性スタッフ

 

今すぐ5万円借りたいというニーズに対しては、後日の即日融資でも対応してくれる可能性が高いのが消費者金融の特徴です。

 

仮にあなたが、アルバイトやパートで年収が少なく、借り入れが可能かどうか心配だという人だとしても…。

 

消費者金融では、安定した収入があれば、その収入に見合った貸し出しが行われています。

 

アルバイトやパートで年収が15万以上あれば、貸金業法上は5万円までの貸し付けが可能となっています。

 

 

もちろん5万円借りるための審査に通ればの話ですし、年収の3分の1まで必ず借りれるというわけではありません。


 

審査においては、年収だけでなく年齢や職場、住居環境や家族構成、過去のクレジットヒストリーなど、総合的に判断されて貸出金額が決定されます。

 

場合によっては、安定した収入があったとしても審査に落とされてしまうこともあります。

 

在籍確認における電話については、キャッシング会社名を名乗らず個人名で入電され、しかも非通知、用件は本人以外に伝えないという3つのプライバシー対策のもと実施されます。

 

在籍確認の際のプライバシー保護対策

 

よほどのことがなければ、あなたへの入電に対して会社の人が不振に思うことはないでしょう。

 

 

仮に何か不信感をもって電話について尋ねられう事があれば、「クレジットカードを新しく作ったから、その確認の電話かもしれない」と伝えましょう。

 

この賢い言い訳を使うことで、それ以上話題が広がることは無いはずです。


 

信用情報

 

先ほども少し触れましたが、過去に延滞や滞納、債務整理や個人破産といった金融事故を起こしている場合には、5万円即日融資に限らず借り入れが難しくなります。

 

5万円即日融資の審査落ちを告げるスタッフ

 

あなたの過去の信用情報は、以下の機関によって保持されています。

 

  • CIC(シーアーシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)

 

利用している、もしくはこれから利用する貸金業者が、上記のどの信用情報機関に加盟しているかは異なります。

 

しかし、これら3つの信用情報機関は「CRIN(Credit Information Network:クリン)」と呼ばれるネットワークによって、個人の金融取引の状況を「共有」する仕組みとなっています。

 

そのため、利用する貸金業者がどこであれ、過去から現在における取引履歴が全て保管されていると思って間違いないでしょう。

 

つまり、過去にどこかの金融業者を利用した際に「金融事故」を起こしたことがあるのであれば、基本的に5年から10年近くの間は情報が保持され続けています。

 

特に金融事故情報などの異動情報は優先して共有される仕組みとなっています。

 

利用する金融業者の加盟先を調べて、うまいこと抜け道を探そうという期待は無駄になってしまいます。

 

また、CRINとよばれるシステム以外にも「FINE(Financial Infomation Network:ファイン)」とよばれるネットワークシステムがあります。

 

これによって更に細かい「短期の延滞」や「現在の貸付残高」なども共有されるようになっています。

 

申込の際に他社借入件数や借入総額に対して嘘をついても、こういった共有システムによって情報が筒抜けとなっている事実を覚えておきましょう。

 

信用情報に載ることが嫌だ

 

信用情報機関に自分の情報が載ることを嫌う方もおられますが、事実として「すでに載っている」ケースが多いです。

 

といいますのも、例えばスマホを分割で購入したことがある方も多いと思いますが、その時点ですでに金融取引として信用情報機関には情報が載っています。

 

クレジットカードを持っている場合でも、その申し込み状況や利用状況は信用情報として記録がなされています。

 

逆に言うと、過去にスマホの分割払いを延滞したりしたことがある場合、キャッシングの審査においてマイナスとなってしまいます。

 

金融取引を行った事実だけであり、事故情報がなければ基本的にマイナス評価を受ける事はありません。

 

逆に、返済などが滞りなく行われている履歴であれば、返済能力がある人物として評価されることもあります。

 

信用情報機関に載ることを嫌い、消費者金融や銀行カードローンなどの利用を躊躇われている方は、この事実を理解しておくと良いでしょう。

 

↓大手キャッシング公式HP↓

今なら無利息サービス受付中です!

 

今すぐ5万円借りたい人のための効率的な流れとは?

 

何事においてもコスパの良しあしがあります。

 

今すぐ5万円借りたいという場合にも、効率的な手続きの流れを選ぶかどうかで、即日融資の可否にも影響してきます。

 

最もコスパが良い手続きの流れ

 

5万円を即日融資で申し込む場合には、複数の申し込みパターンがあります。

 

WEBで今すぐ5万円借りたい時の申し込み方法

 

その中でも、このページを見ているネット環境がある方にとって最も効率的であろう申込パターンの流れをご紹介いたします。

 

  1. オンライン申し込み
  2. オンラインで書類提出
  3. 審査中に自動契約機へ移動
  4. 審査結果を受け取る
  5. 契約機で契約手続き
  6. ローンカード発行
  7. 併設するATMから出金(もしくは振り込み手続き)

 

最初から自動契約機の中で、申込からカード発行まで行うことも可能です。

 

しかし、待機時間が多くなり、しかもブース内に滞在することが必要となるためコスパが悪いというデメリットがあります。

 

自動契約機にはコールセンター直通の電話機が設置されていますので、分からないことがあれば聞きながら進められるというメリットもあります。

 

 

このページをご覧の方であれば、公式HPでオンライン申し込みをして、必要事項に記入していくという流れを踏むことが難しくないことでしょう。


 

仮に分からないことがあった場合には、フリーダイヤルのコールセンターがありますので、契約機の中だから特別安心といったことはないでしょう。

 

時間の節約という点だけでなく、自動契約機の中で長時間待たされるという点、また不備があれば再度で治す必要がある点など、どうしてもコスパの悪さが目立ってしまいます。

 

ローンカードを発行しない方法が可能なキャッシング会社であり、あなた自身もローンカードは不要だということであれば、更に効率的な流れがあります。

 

  1. オンライン申し込み
  2. オンラインで書類提出
  3. そのまま審査を待つ(移動不要)
  4. 審査結果を受け取る
  5. WEB上で契約をする
  6. WEB上で自身の口座に振り込み依頼を出す

 

ローンカードが不要だということであれば、サービス対応の会社に限りますが、こういったWEB完結といった方法も可能となります。

 

自宅でくつろぎながらWEBで5万円即日融資に申し込んだ男性

 

この流れであれば、ネットに繋がるスマホかPCなどがあれば申込から借り入れまで自宅にいても完結させることが可能です。

 

移動時間が無い分、手間と時間を節約できる非常にコスパの良い申込方法となります。

 

今すぐ5万円借りたい場合に、現金で欲しいのか、銀行口座に着金させたいのか、要望があるかと思います。

 

仮に現金でほしいといった場合に、ローンカードがあるなしで違いを以下にご紹介します。

 

 

【ローンカードありの場合】

  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 店頭窓口
  • 提携ATM
  • コンビニATM

 

【ローンカードなしの場合】

  • 銀行振込
  • 店頭窓口

 

ローンカードが無い場合でも、契約後にアプリをダウンロードして登録することで以下の方法が追加されます。

 

アプリでバーコードを読み込み5万円借りる男性

 

【ローンカードなし&アプリありの場合】

  • 銀行振込
  • 店頭窓口
  • コンビニ(セブン銀行)ATM

 

 

コンビニATMを利用する場合には、借り入れや返済のどちらの場合でも手数料が発生します。

 

1万円以内で100円プラス税金、1万円超で200円プラス税金が発生する点に注意しましょう。


 

効率的に進める為のコツとは?

 

効率的に借入や手続きを進める為のコツについて解説したいと思います。

 

まず、利用に関して利便性を重視するのならカードレスかつアプリの利用がお勧めです。

 

アプリで5万円を振り込み予約する男性

 

セブンイレブンが近場にあるのであれば、セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMを利用することで原則24時間お金の借り入れが可能となります。

 

しかも、アプリをスマホにダウンロードしておくだけで利用できますので、ローンカードを持ち歩くことによる紛失や人バレのリスクを無くせます。

 

ただし、アプリの利用では必ず手数料が発生するという話でしたね。

 

手数料を発生させずに、借り入れや返済をするための方法と条件についても以下にまとめておきます。

 

【借り入れ無料方法】

  • 銀行振込
  • 自社ATM

 

【返済無料方法】

  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • 自社ATM…返済に限りローンカード不要
  • インターネット返済…提携銀行口座所持、かつインターネットバンキング手続き済みが条件
  • マルチメディア端末…現状はファミマのFamiポートのみ、ミニストップやローソンのLoppiは利用不可、かつローンカードが必要、返済のみ借り入れはできない

 

ローンカードがあれば、ファミマのメディア端末機で手数料0円で返済が可能です。

 

ファミマのファミポートで5万円返済する

 

急ぎでない時には、手数料0円の方法を採用し、急ぎの場合にはコンビニATMを利用するといった方法が現実的でスマートだといえます。

 

 

一度契約を済ませれば、今すぐ5万円借りたいといった緊急の場合でも、セブンイレブンで即座に現金を手に出来るというメリットは大きいですね。


 

5万円借りた場合の利息

 

これから始めて5万円借りてみようと思われている方にとって、利息がどの程度発生するものなのか…。

 

回数を重ねるとバカにならない手数料

 

いまいち把握していない、という方も多いのではないでしょうか?

 

利息の計算方法

 

カードローンの利息について、基本は日割り計算となります。

 

利息の計算方法は以下の公式となります。

 

利息=借入金額×利息÷365日×借入日数

 

このページをご覧のあなたは今すぐ「5万円」を借りたい方でしょうから、以下に5万円を借りた場合の利息例をご紹介します。

 

【5万円を利息18%で30日間借りた場合の利息】
50,000×0.18÷365×30=約740円

 

カードローンの利息は、いわば「レンタル料」と同じです。

 

DVDをレンタルすれば、一泊二日で100円、1週間で250円といった感じでレンタル料が発生しますね。

 

それと同じで、5万円という商品を1ヶ月レンタルするための費用として、約740円が発生します。

 

5万円借りる場合の利息740円

 

正規の貸金業者であり、貸金業法を遵守している会社からの5万円即日融資であれば、闇金のように暴利で10日で借入金額の半分の利息を払わされたりといった違法行為を受ける事はありません。

 

違法利息で元金がいつまでも減らなかったり、途中で利息が変わったり、手数料という名目で元金以上の金額を請求されたりなど…。

 

正規の貸金業者を選び、計画的に利用することで発生する利息は、法律で守られている範囲の利息です。

 

 

今すぐ5万円借りたいと考えている方で、どのくらいの利息がかかるのか漠然としか把握されていなかった方にとって、このレンタル料が高いと感じられるか低いと感じられるか…。

 

それは人それぞれですが、カードローンやキャッシングは正規の業者を利用する限り、計画的に利用することで生活にプラスの働きを持たせることは可能となっています。


 

関連記事:【借入日数別】利息18%で5万円借りた場合の毎月の返済額は?

 

30日間で返済するためには?

 

キャッシングを利用した場合には、基本的に返済方法で「口座振替」が設定されます。

 

返済用の銀行口座

 

この場合、返済はリボルビング方式が採用されることがほどんどですので、一定額の返済を毎月決まった日に行うこととなります。

 

しかし、これだと30日間だけ借りて返済したいといった場合には、完済ができません。

 

そのため、口座振替とは別で5万円プラス利息を「繰り上げ返済」という方法を使う必要があります。

 

この繰り上げ返済を行うことで、残債を「0」にして完済することが可能となります。

 

繰り上げ返済を利用する為には、繰り上げ返済に対応している業者を選ぶことが第一条件となります。

 

当ページでご紹介している大手のキャッシング会社では、当然繰り上げ返済に対応しています。

 

ただし、以下の手続きが別途必要となります。

 

  • インターネットの会員ページで残債を確認する
  • 端数まで支払う必要があるため、返済方法が限られる

 

インターネットの会員ページで残債が確認できない場合には、コールセンターに繰り上げ返済をする旨を伝えると良いでしょう。

 

また、例えばコンビニATMなどの提携ATMからの返済方法を選んだ場合には「硬貨」が使えません。

 

その為、繰り上げ返済で完済しようとする場合には、インターネット返済や店頭窓口、ローンカードを使ってFamiポートでの支払いが必要となります。

 

一部のキャッシング会社によっては、ATMで全額返済をした場合には、差額分を銀行振込や窓口、次回の借入残高から相殺といった感じで返金対応してくれる会社もあります。

 

 

また、無利息サービスを提供している会社のサービスを利用すれば、当然30日間は利息が発生しませんので返済も楽になります。

 

借入が5万円であれば、30日以内にコールセンターに連絡して元金5万円を返済すれば利息は発生しません。


 

↓大手キャッシング公式HP↓

今なら無利息サービス受付中です!

 

新たに5万円借りたい場合には?

 

新たに今すぐ5万円借りたいといった場合に、キャッシング会社を利用するとすれば2通りの方法があります。

 

  • 増額申請
  • 2社目に新規申し込み

 

当HPとしては、複数社から借り入れをするよりも1社に対して「増額申請」をすることをお勧めしています。

 

借入先に増額申請

 

キャッシングなどのカードローンは、一度契約を済ませると限度額の範囲内で何度でも借入と返済が行えます。

 

ATMを使ってカードローンを繰り返す

 

利用限度額の範囲内で、自由に出し入れできる点が魅力なのですが、その範囲が狭い、上限が低いと感じる場合も少なくありません。

 

その場合に、別の会社に新規で申込をするよりも、今借りているところに「増額申請」を行う方が審査に通る可能性が高い傾向にあります。

 

いわゆる「複数契約」は、3社目までは審査に影響しないといった一般的な見解があるにはありますが…。

 

可能な限りは複数契約を避けて、借入先はシンプルにまとめておくほうがメリットが大きいのです。

 

【借入先を1社にまとめるメリット】

  • 返済日の管理が楽
  • 複数契約よりも金利が抑えられる
  • 審査時間が短くて済む
  • 慣れた会社のサービスは利便性が高い

 

借り入れの金額によりますが、利息は借りる金額が増えれば増えるほど、段階的に上限利息を下げる会社が多くなります。

 

下降グラフ

 

例えば、現在30万円を借り入れしており、更に20万円を借り入れしたいといった状況だったとします。

 

その場合、1社にまとめて借りれば50万円の借り入れとなり、上限利息が数パーセント落とせる可能性が出てきます。

 

しかし、さらに20万円を別の会社で新規申し込みをすれば、おそらくは上限金利が高い設定での契約となるでしょう。

 

今すぐ5万円借りたい場合こそ、新規で申し込むよりも今契約中の会社で増額申請を行う方が手間も利息も抑えられる可能性が高くなります。

 

増額申請の手続き

 

借入金額の合計が50万円を超える場合、また他社での借り入れを含めた合計で100万円を超える場合には、収入証明書の提出が求められます。

 

収入証明書として必要になる書類はこちらでご紹介しています。

 

増額申請は、会員ページやアプリ、もしくは電話などで申請が可能となっています。

 

増額に関しては、一般的に10万円単位での上限額の変更が行われます。

 

5万円の即日融資に関して、決して難しい審査ではありません。

 

増額申請に際しては、それまでの返済状況などがダイレクトに影響する点には注意しましょう。

 

 

これまでの利用状況において、借り入れと返済がスムーズに行われている場合には、キャッシング会社のほうから増額キャンペーンなどの通知がメールやアプリで行われることもあります。

 

すでにキャンペーン情報を受け取っている可能性もありますので、今すぐ5万円増額して借りたい方は過去のメールや会員ページで確認してみて下さい。


 

2社目に申し込む際の注意点

 

5万円程度の少額融資を希望する場合には、既に契約のあるカードローンがあればそちらを利用することをお勧めしました。

 

しかし、サービスの使い勝手が悪かったり、別の会社も使ってみたいと思ったり…。

 

何らかの事情で、2社目に申し込みたいといった方もおられるでしょう。

 

その場合には、2社目とはいえ「新規契約」という形になります。

 

当然ですが、契約を1からスタートする必要がありますので、今すぐ5万円借りたい場合には即日融資に対応しているキャッシング会社を選ぶ必要があります。

 

2社目に申込をする際には、基本はこちらでお伝えした「5つの条件」をクリアする必要がある点では同じです。

 

一つ注意点があるとすれば、借入金額が「総量規制」を超えてしまわないかどうか、この点に特に注意して2社目の申し込みをしてみると良いでしょう。

 

キャッシング以外で今すぐ5万円借りたい場合は?

 

消費者金融「以外」から今すぐ5万円借りる方法をご紹介します。

 

クレジットカードのキャッシング枠

 

すでにクレジットカードを持っておられるのであれば、その機能に「キャッシング枠」が付いていないかチェックしてみましょう。

 

キャッシング機能付きクレジットカード

 

クレジットカードを作成した時に、キャッシング機能が付随されているものであれば、審査はすでに終わった状態となります。

 

つまり、これまで借り入れをしていなかっただけで、いつでも借りれる状態だというわけです。

 

5万円を即日融資できる方法として、この機能が付いたクレジットカードをお持ちなら最短だといえます。

 

銀行ATMやコンビニATMから引き出しが可能なカードも多いので、一度クレジットカード会社のコールセンターやHPで確認してみてください。

 

 

ちなみに、クレジットカードのキャッシングサービスも貸金業法を遵守したサービスとなります。

 

金利は消費者金融と同程度で、年利で18%くらいが一般的です。


 

親や友達

 

親や友達からお金を借りることに、慣れてしまっている方も多くおられます。

 

お金を貸さない母親

 

友人関係や親子関係にヒビが入るリスクを開き直って、気にせず借りれる場合は今すぐ5万円借りたい場合には最適なのかもしれません。

 

しかし、気を付けたいのが頻繁に親からお金を借りている場合です。

 

法律上は、年間110万円以上を親からもらう場合には「贈与税」が発生します。

 

該当する方は少ないかと思いますが、年間110万円以上親から借りたり貰ったりしているという方は対策しておいた方が良いでしょう。

 

借りたことを証明する借用書を準備するなど、贈与ではないことを証明できれば贈与税を徴収されることはありません。

 

5万円の借り入れ程度であっても、年間で何十回も借りているような親子関係の方には、注意が必要です。

 

質屋

 

ブランドのバッグや靴、財布や時計などの質屋で預ける品物があれば、今の時代はスマホで撮影してすぐに借りる事が出来る時代です。

 

ブランドバッグを査定する質屋のスタッフ

 

実際に質屋に足を運ぶ場合には、品物の査定や書類の記入などが発生し、だいだい早ければ10分程度、長くても1時間程度での借り入れが可能です。

 

ただしオンライン質屋であれば、品物をスマホで撮影して送信するだけで、ほぼリアルタイムで査定額が通達されるという今風のシステムになっています。

 

今すぐ5万円借りたい方にとって質屋のメリットは、与信調査がないため借り入れまでスピーディーだという点です。

 

信用情報機関への参照や登録などなく、品物と身分証明書があれば審査なしで5万円を借りる事が可能です。

 

 

勿論、持ち込んだ品物の査定額に応じて融資金額が決まりますので、場合によっては5万円以下しか借りられない場合もあります。


 

仮に返済が滞った場合には、預けた品物が返ってこない(質流れ)という仕組みになっており、延滞で利息が膨らむといったこともありません。

 

質屋でものを預けてお金を借りた場合には、実は利息が発生する点に注意が必要です。

 

消費者金融などが遵守する利息制限法の制限を受けず、質屋では「質屋営業法」という法律が適用されます。

 

利息制限法の上限利息が「20%」であるのに対し、質屋営業法では上限利息が「109.5%」となっています。

 

 

また、質屋では利息の日割り計算が適用されず、仮に次の日に返済したとしても1か月分の利息が請求される点も覚えておくと良いでしょう。

 

さらにいえば、原則3か月が返済期限となっていますので、3か月以内に返済しないと質流れとなる仕組みとなっています。


 

公的機関から今すぐ5万円借りたい時は?

 

条件が揃えば、公的機関から今すぐ5万円借りる事が可能となります。

 

緊急小口資金貸付

 

緊急小口資金貸付というのは、10万円以内を「無利息」で最長12か月の借り入れが可能となる国の制度です。

 

こちらは審査に通れば無利息で長期間の借り入れが可能な点で非常にメリットが大きいのですが、口座に振り込まれるまで1週間以上の期間を要します。

 

申込に必要な書類も、消費者金融でお金を借りる場合に比べると多くなります。

 

  • 住民票(世帯全員)
  • 本人確認書類
  • 印鑑証明書か実印
  • 収入証明書類
  • 預金通帳のコピー
  • 生計維持が困難なことを証明する領収書など

 

問い合わせは「市区町村社会福祉協議会」の窓口で受け付けられています。

 

生命保険契約者貸付制度

 

生命保険に加入されている場合には、契約者貸付制度が使えるかもしれません。

 

生命保険証券

 

こちらは「解約返戻金(かいやくへんれいきん)」という契約者が受け取れるお金を担保にして、貸付が行われる制度となっています。

 

つまり、将来あなたが受け取るお金を担保にして今すぐ5万円借りたい時に利用が可能ということです。

 

ただし、生命保険にも種類があり「掛け捨て型」「積立型」と大きく2種類があります。

 

このうち「掛け捨て型」の生命保険の場合には、そもそも返戻金がないため貸付制度の利用はできません。

 

解約返戻金がある保険としては、生命保険以外にも学資保険や個人年金保険などが挙げられます。

 

こちらの貸付制度のメリットとしては、質屋やクレジットカードのキャッシング枠が既にある場合と同じく、審査がないところです。

 

保険加入者であるあなたが受け取れる権利の一部を貸付してもらうため、基本的に審査はなく、また信用情報機関への参照や登録なども行われません。

 

デメリットとしては、解約返戻金の一部を借りるといっても利息は発生します。

 

ただし、この利息の年利は低く、保険会社によって異なりますが2〜5%程度が目安となっています。

 

審査なしで今すぐ5万円を借りれる業者

 

クレジットカードのキャッシング枠が既についている場合や、生命保険の契約者貸付制度、質屋の場合をすでにご紹介しました。

 

これらには「審査なし」という特徴がありましたが、審査がないのには理由がありましたね?

 

受け取れる返戻金を担保にしたり、品物を担保にしたり、すでに審査が終わっているものであったり…。

 

しかし、全くの新規の状態から、担保も保証人も何もなく、審査なしで今すぐ5万円借りる方法があるのです。

 

闇金には手を出さないように忠告する男性

 

ただし、この方法は決して手を出してはいけない方法であり、避ける為の情報として以下に解説いたします。

 

闇金とは

 

闇金とは、一言でいえば「違法な貸金業者」をいいます。

 

貸金業法を遵守しない、独自のルールでお金を貸し、回収する。

 

いわばミナミの帝王や闇金ウシジマくんのような存在をいいます。

 

漫画として見る分には非常に面白いのですが、これらの業者と関わりを持つ生活が果たして健全といえるのでしょうか?

 

闇金の見分け方

 

闇金の見分け方は、非常に簡単です。

 

電柱や看板、古い空き家の壁など、無作為に貼られたビラに記載された連絡先は、ほぼ間違いなく闇金です。

 

最近では、ショートメールやTwitterやラインなどのSNSから勧誘をかけてくる業者も増えています。

 

あなたも届いたことがありませんか?

 

【必見】審査なしで今すぐ100万円借りれます!

 

このメールを受け取った方だけの耳寄りな融資情報!
☆信用融資、低金利での融資をお約束します。

 

以下の条件での融資が可能です。
・100万円借りて返済は月1,000円のみ!
・電話確認のみで審査なし
・保証人、来店不要
・他から借りれない人歓迎

 

まずはご相談をhttp://意味不明なアルファベットの羅列.com/

 

絶対にURLをクリックしたりしないようにしましょう。

 

クリックした瞬間にスマホやPCの情報を抜き取るウイルスが仕掛けられている可能性があります。

 

闇金の見分け方として他には、金融庁の登録業者を検索するページを活用する方法があります。

 

金融庁:登録貸金業者情報検索サービス

 

 

気になる業者の登録番号を検索してみて下さい。

 

でたらめな番号で営業している業者もあるため、登録番号が記載されているというだけで信用するのは危険です。


 

闇金によるトラブル

 

利息が法外であるため、異常なスピードで利息が膨らみ、借金地獄に陥るというのが一番代表的なトラブル例となるでしょう。

 

闇金のしつこい取り立てに嘆く男性

 

利息に関しては、貸金業法にも記載されている通り「利息制限法」を守ることが貸金業者には義務付けられています。

 

参考:貸金業法(利息、保証料等に係る制限等)

第十二条の八 貸金業者は、その利息(みなし利息を含む。第三項及び第四項において同じ。)が利息制限法(昭和二十九年法律第百号)第一条に規定する金額を超える利息の契約を締結してはならない。

 

更に利息制限法では、以下のように利息の上限が規定されています。

 

  • 10万円未満:年利20%
  • 10万円以上100万円未満:年利18%
  • 100万円以上:年利15%

 

参考:利息制限法
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分
(利息の天引き)

 

大手の消費者金融であれば、利息は18%程度でサービス提供されています。

 

しかし、闇金業者の場合には利息は年利365%(トイチ)、年利1825%(トゴ)といった状態であり、法律無視も甚だしい状態です。

 

トイチというのは10日で1割の利息、トゴというのは10日で5割の利息ですね。

 

このような利息を受け入れて借金をしようものなら、日に日に膨れ上がっていくのも頷けます…。

 

【5万円を60日借りる場合の利息】
貸金業者(年利18%):1,479円
闇金業者(年利1825%):150,000円

 

他にも、返済をさせない、しつこい電話、自宅への訪問、家族や会社へのコンタクトなど…。

 

貸金業法では厳しく禁止されている行為を平気で繰り出してくるのが、いわゆる闇金業者となります。

 

 

また、一度利用すればあなたの個人情報はブラックマーケットに出回ります。

 

闇金業者と密な関係にある別の違法業者から、別の形で勧誘や詐欺のターゲットにされる点も覚えておく必要があります。


 

まとめ

 

今すぐ5万円借りたいまとめ

 

今すぐ5万円借りたい、できれば今日中に5万円の即日融資を受けたい!

 

そんな方のために、5万円を借りるための「5つの条件」や効率的な「手続きの流れ」について解説してきました。

 

危険な方法を避け、できるだけお得に5万円借りる為の情報をすべて詰め込みましたので、非常に長いページになってしまいました。

 

ここまでお読みいただいた方であれば、今日中に5万円借りるために何をするべきか、何をするべきではないかというイメージが付かれたかと思います。

 

大手の消費者金融であれば、法律で守られた利息の範囲で借り入れが可能ですし、利用可能額の範囲で何度も出し入れが可能となります。

 

契約を済ませておけば、困ったときに非常に頼りになる存在です。

 

今すぐ5万円借りたい方にとって、今回だけでなく今後の金銭的ピンチの際にも力強いサポーターとなってくれることでしょう。

 

計画的な利用をもとにキャッシングを利用すれば、今月ピンチだ!という時でも経済的なサポーターとして重宝する存在となります。

 

まずは安心して利用が可能な大手キャッシングサービスから検討されてみると良いでしょう。

 

↓大手キャッシング公式HP↓

今なら無利息サービス受付中です!

このページの先頭へ戻る